iPhone使い方辞典[How to use]iPhone(アイフォン)使い方説明サイト。iPhoneのバックアップ作成方法を解説

iPhoneのバックアップを作成する

iCloud、または「iTunes」を使用して、自動的にiPhoneのバックアップを作成することができます。

iPhoneで撮影する写真を他のデバイス上に自動的に表示する

iCloud を使ってバックアップを作成する場合には、「iTunes」を使って自動的にコンピュータにバックアップを作成することはできませんが、「iTunes」を使って手動でコンピュータにバックアップを作成することはできます。
iPhoneが電源に接続され、ロックされているときに、毎日、Wi-Fi経由でiPhoneのバックアップが作成されます。
前回のバックアップ作成の日時は、「ストレージとバックアップ」画面の下部に表示されます。

iCloudでバックアップ作成される項目

  • 購入した音楽、映画、テレビ番組、App、およびブック
  • 「カメラロール」の写真とビデオ
  • iPhoneの設定
  • Appデータ
  • ホーム画面、フォルダ、およびAppの配置
  • メッセージ(iMessage、SMS、およびMMS)
  • 着信音

音楽のバックアップ

「iTunes」で購入していない音楽のバックアップ作成は、iCloudでは行われません。
そのようなコンテンツのバックアップ作成と復元には、「iTunes」を使用します。
iPhoneを「iTunes」と同期する

iCloudバックアップをオンにする

  1. 「設定」>「iCloud」と選択します。
  2. Apple IDとパスワード(必要な場合)を使ってログインします。
  3. 「ストレージとバックアップ」を選択します。
  4. 「iCloudバックアップ」をオンにします。

「iTunes」でバックアップをオンにするには、「ファイル」>「デバイス」>「バックアップ」と選択します。

今すぐバックアップを作成する

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」と選択します。
  2. 「今すぐバックアップを作成」をタップします。

バックアップを暗号化する

iCloudバックアップは自動的に暗号化されるため、データはデバイスへの送信中もiCloudでの保管中も不正なアクセスから保護されます。

バックアップの作成に「iTunes」を使用している場合は、「iTunes」の「概要」パネルで「iPhone のバックアップを暗号化」を選択します。

バックアップを管理する

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」と選択します。
  2. 「ストレージを管理」をタップします。
  3. iPhoneの名前をタップします。

どのAppがiCloudにバックアップを作成して既存のバックアップを削除するかを管理することができます。
「iTunes」では、「iTunes」の環境設定からバックアップを削除します。

「カメラロール」のバックアップ作成のオン/オフを切り替える

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」と選択します。
  2. 「ストレージを管理」をタップします。
  3. iPhoneの名前をタップします。
  4. 「カメラロール」のバックアップ作成のオン/オフを切り替えます。

バックアップが作成されているデバイスを表示する

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」と選択します。
  2. 「ストレージを管理」を選択します。

iCloudのバックアップを停止する

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」と選択します。
  2. 「iCloudバックアップ」をオフにします。
High-end mobile devices「iPhone(アイフォン)」の使い方や、操作方法を知るためのサイト。iPhone(アイフォン)の設定方法なども幅広くカバー
当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますようお願い致します。
2014-2014 Copyright (c) iPhone使い方辞典[How to use](iPhone(アイフォン)使い方説明サイト)