iPhone使い方辞典[How to use]iPhone(アイフォン)使い方説明サイト。バッテリーの充電方法を解説

バッテリーを充電する

iPhoneには、充電式のリチウムイオンバッテリーが内蔵されています。
iPhoneのバッテリーは、電源コンセント、またはコンピュータに接続することによって充電することができます。

バッテリーを充電する

付属のケーブルとUSB電源アダプタを使って、iPhoneを電源コンセントに接続します。
また、iPhoneをコンピュータのUSB 2.0、またはUSB 3.0ポートに接続しても、iPhoneのバッテリーを充電することができます。

iPhone(アイフォン)の充電

充電時の注意点

  • iPhoneを電源コンセントに接続すると、iCloudバックアップ、または「iTunes」とのワイヤレス同期が開始される場合があります。
  • iPhoneをコンピュータに接続しても、バッテリーを充電することもできます。
    その際、「iTunes」でiPhoneを同期することもできます。
    ただし、電源を切ったコンピュータ、またはスリープモードかスタンバイモードのコンピュータにiPhoneを接続すると、iPhoneのバッテリーが充電されずに消耗してしまうことがあります。
    充電・同期には、iPhoneをコンピュータのUSB 2.0、またはUSB 3.0ポートに接続する必要があります。

バッテリー残量のパーセンテージ

バッテリーのアイコンは、バッテリーレベル、または充電の状態を示しています。
バッテリー残量を、パーセンテージにすることもできます。

  1. 「設定」>「一般」>「使用状況」と選択します。
バッテリー残量のパーセント表示

バッテリーの残量不足

iPhoneのバッテリー残量が少なくなると、残量がほとんどなくなったバッテリーのイメージが表示されます。
これは、iPhoneを使用できるようになるまでに10分以上充電する必要があることを示しています。
iPhoneの電池残量がほとんどなくなると、画面に何も表示されなくなり、約2分後に電池が少ないことを知らせる画像が表示されます。

バッテリーの残量不足-iPhone

バッテリーを充電することができる回数

充電式のバッテリーに充電できる回数は限られています。
既定回数を超えた場合は、バッテリーを交換する必要があります。
iPhoneのバッテリーは、ユーザ自身では交換することができません。
Apple正規サービスプロバイダでだけ、交換することが可能です。
Apple正規サービスプロバイダ

High-end mobile devices「iPhone(アイフォン)」の使い方や、操作方法を知るためのサイト。iPhone(アイフォン)の設定方法なども幅広くカバー
当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますようお願い致します。
2014-2014 Copyright (c) iPhone使い方辞典[How to use](iPhone(アイフォン)使い方説明サイト)