iPhone使い方辞典[How to use]iPhone(アイフォン)使い方説明サイト。プライバシー設定を解説

プライバシー設定

「プライバシー」設定では、「位置情報サービス」、「連絡先」、「カレンダー」、「リマインダー」、写真にアクセスするAppやシステムサービスを表示、および制御することができます。

位置情報サービス

位置情報サービスを利用することで、「リマインダー」、「マップ」、「カメラ」などのロケーションベースのAppで、自分がどこにいるかを示すデータを収集して、それらを使用することができます。
現在のおおよその位置は、モバイルデータ通信のデータ、地域のWi-Fiネットワーク(Wi-Fi をオンにしている場合)、およびGPS(地域によっては利用できない場合があります)から収集できる情報を使って判断されます。
Appleが収集する位置データは、個人を識別できる形式では収集されません。
位置情報サービスを使用しているAppのメニューバーには「位置情報サービス-iPhone(アイフォン)のステータスアイコン」が表示されます。

「位置情報サービス」のオン/オフを切り替える

  1. 「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と選択します。

位置情報サービスは、一部またはすべてのApp、およびサービスでオフにすることができます。
「位置情報サービス」をオフにした場合は、次回App、またはサービスで位置情報サービスを使用しようとするときに、もう一度オンにするように求められます。

システムサービスの「位置情報サービス」をオフにする

  1. 「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「システムサービス」と選択します。

コンパスの調整やロケーションベースのiAdなどのシステムサービスは、位置情報サービスを使用します。
各サービスの状態を表示したり、オン/オフを切り替えたり、自分の現在地がサービスに使用されているときにメニューバーに「位置情報サービス-iPhone(アイフォン)のステータスアイコン」を表示するように設定することができます。

個人情報へのアクセスをオフにする

  1. 「設定」>「プライバシー」と選択します。

下記の情報へのアクセスを要求したり、アクセスを許可されたりしたApp、および機能を表示することができます

  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 写真
  • Bluetooth 共有
  • マイク
  • Twitter
  • Facebook

情報の個々のカテゴリに対する各Appのアクセスをオフにすることができます。
他社製の各Appの利用規約とプライバシーポリシーを確認して、Appが要求するデータがどのように使用されるのかを把握してください。

High-end mobile devices「iPhone(アイフォン)」の使い方や、操作方法を知るためのサイト。iPhone(アイフォン)の設定方法なども幅広くカバー
当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますようお願い致します。
2014-2014 Copyright (c) iPhone使い方辞典[How to use](iPhone(アイフォン)使い方説明サイト)